テレビの映像が乱れる理由

1年ほど前に、

2018年6月21日(木)以降、

ご使用中のテレビの映像が乱れる可能性があります

と書かれた案内が、我が家のポストに入っていました。

当時、何??と思って色々調べたのですが..。その時の記事は、こちら

本日再び、

2019年6月20日(木)以降、

ご使用中のテレビの映像が乱れる可能性があります

と書かれた案内が入っていました。

またかよ!

と思ってしまった私。初回時に影響が出なかった我が家では、これ以上影響は出ないものと思っていました。

公式サイトを確認したところ、「2018年8月23日(木)以降、・・・」と書いてある部分がありましたので、地域によって実施日が異なる様ですね。

前回の記事より、もう少し詳しくまとめて記事にしてみました。

影響が出る可能性のある人とは?

2012年以前の地上アナログ放送時代の受信設備を使っている人は、映像が乱れたりする可能性があります。

「アンテナ」や「ブースター」が、地デジ専用の設備になっていれば、影響は出ません。

「映像が乱れる可能性」の原因

原因は、2012年以前の地上アナログ放送時代に放送していた周波数の一部が、携帯電話用に割り当てられたことです。

「テレビ受信設備」の近隣にある「携帯電話基地局」から、新たに割り当てられた周波数の電波の送信が始まると、テレビにノイスが出てしまう可能性がある、ということです。

なぜ「映像が乱れる」のか、具体的な解説

もう少し具体的に説明します。

昔のアナログ放送は、UHF帯の13ch~62chが使われていました。
現在の地デジ放送は、UHF帯の13ch~52chが使われています。

53ch~62chは、地デジでは未使用の帯域! になりました。

53ch~62chは、周波数でいうと、710MHz~770MHzになります。

この空いた周波数帯域は、携帯電話用の電波として使われることになりました。

公式サイトに、分かりやすい図がありましたので拝借。

緑の矢印部分に注目です!

新旧UHF帯の違い

出典:一般社団法人700MHz利用推進協会

「2012年以前の地上アナログ用テレビ受信設備」を使用していると、携帯電話で使う電波を受信したり増幅してしまいます。

そのために、ノイズが出てしまうことになるのです。

影響が出る可能性の具体的な例

アナログ時代のUHFアンテナを使っている

UHFアンテナ

アナログ放送時代のUHFアンテナで、受信範囲が53ch~62chを含むアンテナを使用している場合です。

この場合は、携帯電話で使用される帯域まで受信してしまうので、テレビの映像が乱れてしまう可能性が出てきます。

アナログ時代のブースターを使っている

アナログ放送時代のブースターを使用している場合です。

我が家は、現在も昔のアナログ放送時代に使っていたブースターを利用しているので、実際の写真をお見せします。

画像の赤丸部分に増幅可能な帯域として、470~770MHzと書いてあります。

旧型UHFブースター(MASPRO VUBCA31W)

新たに運用が始まる携帯電話の周波数、710~770MHzが増幅される範囲に入っています。

この様な古いブースターを使用していると、テレビの映像が乱れてしまう可能性があります。

対策は?

対策は、現在の地デジ放送では使われていない、

53ch~62ch(周波数でいうと、710MHz~770MHz)

この帯域を、

  • 受信しないアンテナにする。
  • 増幅しないブースターにする。
  • 通さない、ローパスフィルターを付ける

これらの何れかを行えば、問題解決です!

影響が出たときの対処法

連絡先

700MHz(メガヘルツ)テレビ受信障害対策コールセンター

0120-700-012

に連絡して下さい、とのことです。

無料で対応してもらえます。

詳細は、「一般社団法人 700MHz利用推進協会」のホームページに、案内があります。

作業内容

公式サイトより、作業内容を抜粋しました。

上記連絡先へ連絡した後の対処は、所要時間30~90分で、次の内容を行うとのことです。

  1. テレビアンテナ、ブースターの有無など、受信設備の設置状況の確認
  2. 立会いのもと、テレビ受信状況の確認、ブースター・テレビ端子のレベル測定
  3. ブースターへのフィルター取付け(またはブースター交換)、作業箇所の撮影
  4. 正常回復確認のため、再度②の作業

<対策の具体例(公式サイトより)>ノイズ対策の具体例

詳細は、「一般社団法人 700MHz利用推進協会」のホームページをご覧下さい。