Dell のノートパソコン Vostro1200 には、2.5インチHDDが搭載されています。

これをSSDに交換してみたところ、起動や動作速度がが大幅に早くなったので、レポートします。

換装前、起動に約2分かかっていたマシンが、45秒で起動する様になりました。

(※当記事は、旧サイト「雑記帳」より引っ越しし、加筆訂正したものです)

※メーカーの修理・保証・サポート対象外ですので、自己責任でお願い致します。
※掲載する予定無く撮影していたので、説明写真不足です。m(_ _)m

用意したもの

Dell のノートパソコン Vostro1200 です。

全体の写真を取り損ないました。(^^;

HDDは、予めコピーしてから換装します。

使用した機材は、CENTURY社の「これdo台MASTER」。

PCから取り出したHDDと新しいSSDを、この製品に直接接続してコピーを行います。

分解作業

Vostro1200 の裏蓋を開け、HDDが入っている部分です。

左側に2つのネジが止まっているので、外します。

HDDを取り出したところの、本体裏面全景です。

左下の部分にHDDが入っていました。

入っていた Serial ATA2.5インチHDDは、こちら。TOSHIBA MK1246GSX

120GB / 厚さ9.5mm

換装に使用したSSDは、128GBのサムスンのMZ-5PA128HMCD-0A

SATA3.0Gbps の商品です。

CENTURY社の「これdo台MASTER」を使って、部屋の片隅でHDD丸ごとコピー中です..。

このコピーが完了したら、入っていたHDDの代わりにコピーが完了したSSDを入れ替えて蓋を閉めて..。

電源を入れたら、元の環境のまま爆速です!

 

この作業は、2011年8月に行いました。

ほぼ毎日利用しておりますが、2011年11月21日現在、全く支障なく動いております。

※HDDの換装は、メーカーの修理・保証・サポート対象外です。

※他の方の環境で動くとは限りませんので、換装される方は自己責任でお願い致します。

追記

Dell Vostro1200 に、少々強引に Windows 10 をインストールしたのですが、2019年2月現在、正常に使えております。

動作は少し遅めですが、初期の頃のスティック型PCと比べても、Dell Vostro1200 の方が断然早い!

その位まともに動くので、まだまだ使えます。

子供が使う分には、十分過ぎる程のスペックです^^