WordPress の記事内に adsense を表示させるには、ショートコードを使うと便利です。

ショートコードを使うには、プラグインを利用する方法と、コードを埋め込む方法があります。

ここでは、コードを埋め込む方法をご紹介しますが、条件分岐などは行わない、最も単純な内容に限定します。

この記事の内容は、adsense  だけでなく、決まった何かをショートコードで呼び出して表示させたい場合に利用出来ます。

ショートコードの設定方法

埋め込むファイル

埋め込むファイルは、functions.php です。

子テーマを利用している場合には、子テーマの functions.php に入れます。

埋め込むコード

埋め込むコードは、こちら。

function adsense_shortcode_1() {
$adsense_code = ‘●●●ここにショートコードを埋め込む●●●‘;
return ‘<div class=”ad-wrapper clearfix”>’.$adsense_code.'</div>’;
}
add_shortcode(‘ads-code‘, ‘adsense_shortcode_1‘);

※コピペすると、一部文字コードが変わってしまう様でエラーになります。「’」の部分は入力し直して下さい。

ショートコードの使い方

上記のコードを、利用しているテーマ内にある functions.php の一番下段の

?>

このコードの前に埋め込みます。

子テーマを利用している場合には、子テーマ用フォルダーの中の functions.php に埋め込みます。

WordPress 内の記事に埋め込むショートコードは、

[ads-code]

です。

上記のコードをそのまま埋め込んで、記事内にショートコードを入れると、

●●●ここにショートコードを埋め込む●●●

と、表示されます。

つまり、

●●●ここにショートコードを埋め込む●●●

と書いてある部分を、表示させたい内容に書き換えて埋め込みます。

adsense であれば、adsense のコードを入れます。

複数のショートコードを使いたい場合

複数のショートコードを使いたい場合には、上記コードを書き換えて、必要な数だけ functions.php 内に書き込みます。

各コードは、赤文字の部分と青文字の部分が重複しない様に書き換えます。

赤文字の部分はセットで、どちらも同じ文字列になる様に好みの文字列に変更します。

青文字の部分は、WordPress の記事中で使いたいショートコードに書き換えます。

参考サイト

本記事の参考にさせて頂いたサイトは、こちら。