PC用電源コネクターのピン配列と電圧

パソコン用の余ったATX電源。

何かに流用出来ないかなー、などと考えたことはありますか?

電気・電子工作など、何かの電源として使いたい方は、知っていると便利ですよ!

当サイトの情報を元に改造などを行う方は、自己責任でお願い致します。

 

ATX電源のメインコネクタ(マザーボード用電源)

20ピン 電源供給コネクタのPinアサイン

ATX電源のメインコネクタ(20Pin)のピン配列

信号名 Pin Pin 信号名
+3.3V 11 +3.3V
+3.3V 12 -12V
GND 13 GND
+5V 14 PS_ON
GND 15 GND
+5V 16 GND
GND 17 GND
PWR_OK 18 -5V
+5VSB 19 +5V
+12V 10 20 +5V

※電源をONにさせたい場合は、14番ピン(PS_ON)とGNDをショートせさます。

24ピン 電源供給コネクタのPinアサイン(ATX12V Ver2.2~)

ATX電源のメインコネクタ(24Pin)のピン配列

信号名 Pin Pin 信号名
+3.3V 13 +3.3V
+3.3V 14 -12V
GND 15 GND
+5V 16 PS_ON
GND 17 GND
+5V 18 GND
GND 19 GND
PWR_OK 20 -5V
+5VSB 21 +5V
+12V 10 22 +5V
+12V 11 23 +5V
+3.3V 12 24 GND

※電源をONにさせたい場合は、16番ピン(PS_ON)とCOMをショートさせます。

ATX電源のその他のコネクタ

ATX12V 電源供給コネクタ

ATX12Vコネクタは、CPUへ電源を供給するコネクタです。

信号名 Pin Pin 信号名
GND +12V
GND +12V

EPS12V 電源供給コネクタ

EPS12V電源供給コネクタは、ATX12Vの後継で上位互換有り。

※EPS(Entry Chassis Power Supplies)

EPS12V 電源供給コネクタ

信号名 Pin Pin 信号名
GND +12V
GND +12V
GND +12V
GND +12V

 

まとめ

電線の色と電圧の関係

カラフルな電線には、それぞれ意味があります。

基準となる0V(GND)と、他の色の電線と組み合わせることで、複数電圧の電源として使うことができます。

電源として使える電線の色と電圧の関係をまとめると、次のようになります。

ケーブルの色 電圧
黄色 +12V
+5V
オレンジ +3.3V
GND(+0V)
-5V
-12V

ATX電源の電源単体でON-OFFしたいとき

緑色の線と黒色のGNDをショートさせると、ATX電源をONにすることが出来ます。

緑色の線と黒色のGNDのショートを止めると、ATX電源はOFFになります。

緑色の線と黒色のGNDの間にスイッチを入れて繋げば、手軽にON-OFFができる様になります。