給湯器リモコン故障の修理(ノーリツ GT-2427SAWX)

給湯器(ノーリツ GT-2427SAWX)のリモコンが故障。

2002年製で使用開始から9年8ヶ月。

(※当記事は、旧サイト「雑記帳」より引っ越しし、加筆訂正したものです)

今回の故障状況は、どこの家でも起こる可能性があります。
原因は配線の接触不良で、電気に関して少し知識がある方であれば、自分で修理が出来る内容でしたので、記事にしてみました。

故障の症状

症状1 : 台所リモコンの表示部が点灯と消灯を繰り返し、コントロールも不能。

症状2 : 浴室内のリモコンは問題なく動作。

故障状況の推測

  1. コンピューターの誤動作
  2. 配線の接触不良
  3. 台所リモコン基板の故障
  4. メイン基板の故障
  5. 電源の故障

まず、これらを疑いました。

素人が自分で直せる内容は、基本的に接触不良等のみです。

上記項目ごとに、修理依頼すべきか対応を検討します。

  1. 電源を完全に切断し、少し間を開けてから再び通電する事で復帰する可能性がある。
  2. 配線の接続部分の確認を行い、自分で修理出来そうであれば行う。
  3. 修理依頼
  4. 修理依頼
  5. 修理依頼

不具合ヶ所の絞り込み

1の作業を行ってみましたが、全く回復しませんでした。

3~5については、浴室内のリモコンから正常に操作が可能であり、正常に使用出来ている事から可能性が低いと考えました。

2の配線接続不良を疑うにあたり、屋外給湯器内部に保管されている説明書を取り出しました。

リモコンへの配線が、メイン基板から、屋内へどの様な結線がされているか、図面で確認します。
これによると、メイン基板から出ている線は1組で、端子台の様なものを経由して浴室内と台所へ、2系統に分かれて結線されている事が推測出来ました。

同系統の配線のはずなのに、浴室は正常で台所は故障、これは接触不良の気が・・。

説明書によると、リモコン用の端子に流れている電圧は直流14~16V。

台所用リモコンの裏を開き、電圧を測定してみると約12Vで、リモコンの表示が点灯した瞬間は8V位まで電圧降下が起きている事が分かりました。

給湯器内部のメイン基板上のリモコン端子の電圧が14~16Vあれば、接触不良が濃厚です。

基板上のリモコン端子を探し、そこで電圧を測定してみると、14.9Vありました。

よって、基板は正常であり、リモコン用の配線の接触不良が濃厚であると推測。

リモコンの線を手繰って行くと...。

ありました!

外から簡単に蓋を開けられる、給湯器本体の下に端子台が付いていたではありませんか!

念のため端子台への給電点の電圧を測ってみると、基板上と同じく14.9V。

まず間違いなく、リモコン配線の接触不良が原因、直せそうだ!と判断し、作業に着手。

リモコン端子台の状況確認と修理

接続端子は、屋外の給湯器本体下部にありました。結線方法まで書いてありました。

絶対にこの中が原因だ!!

配線が腐っていそう。。。

写真を撮るのを忘れて、途中で撮影。一番酷かった向かって左側は交換してしまいました。(^^;

緑青が出ていて、片側の配線は触ったらすぐに切れてしまいました。

向かって右側の2本は交換前の腐食している状態です。

交換前の腐食した圧着端子です。導線が腐食しているだけでなく、圧着不良(引っ張っただけで線が抜けるゆるゆる状態)もありました。

いい加減な施工状態で9年間もよく使えていたもんだ..。

圧着不良で腐食していた配線を切断し、新しい圧着端子を取り付けて圧着施工をしたところ、直りました。

修理に使用した圧着工具

今回、交換に使用した圧着工具とパーツです。私はこの様な作業が好きなので持っていますが、普通の人はまず持っていませんよね..。

ホームセンターで購入するか、お勧め出来ませんが裸でネジに配線し直すか..、やはり修理依頼するか?

パーツを知らない方の為に、拡大写真です。今回使用した圧着端子です。

リモコン用の配線が細かったので、1.25φ迄の導線の太さに対応した物を使用しました。