自動車のバッテリー交換のしかた

自動車のバッテリー交換、ディーラー等に頼むと高い!と感じる方は、自分で交換にチャレンジしてみませんか?

古いバッテリーを取り外して、新しいバッテリーを元通り取り付けるだけです。

道具さえあれば、意外と簡単に出来ます。(重いので非力な方は厳しいです)

バッテリーは通販で購入可能ですし、近くのカーショップでも手に入ります。

このページでは、注意点や交換方法を解説します。

(※当記事は、旧サイト「雑記帳」より引っ越しし、加筆訂正したものです)

バッテリーの選び方

車のバッテリーを交換する際には、基本的にはメーカーが推奨している(元々取り付けられている)型番と同じ物を選びます。
「46B24R」などと書かれているのが型番です。

46は、バッテリーの容量
Bは、バッテリーの大きさ
24は、バッテリーの横幅
Rは、バッテリーの端子の向き(LとRがあり、逆だと線が届かず取り付け不能)

を表しています。

この例で言うと、異なっても良いのは一番最初の数字、46の部分。
この数字が大きい分には基本的に問題ありません。

バッテリーは、同じ型番であっても、各メーカーで色々な商品を出しています。
耐久性がある物、充電時の電気の受入性能の良い物などがあるので、お好みで選ぶと良いでしょう!

あまり乗らない人の場合、バッテリー容量の大きい物を選んだ方が良い場合と標準を選んだ方が良い場合があります。
この情報は、私の私見ですが...
時々しか乗らないけれど、乗る時は長距離乗るという方の場合は、容量の大きい方が良いと思います。
毎日乗るけれど、数キロの短距離しか乗らないという方の場合は、標準の容量を選んだ方が良い様に思います。

短距離しか乗らない方が、容量の大きいバッテリーを選んだ場合、充電時間が短いので、バッテリーが常に満タン充電にならないのです。
車用の鉛蓄電池の特性上、満タン充電されていない時間が長いと、バッテリーの劣化が進み、より充電出来なくなってしまいます。
このページで取り付けしていた写真の青いバッテリーは、大容量過ぎて充電不良のためにすぐに劣化してしまいました。

用意する物

  • 交換する新しいバッテリー
  • モンキーレンチ等、固定具やバッテリー端子を外すための道具
  • バックアップ用の電源一式

作業前の注意点など

バッテリーの取り扱いについて

カーバッテリーの中の液体は希硫酸です。開放型のバッテリーは倒すと中の希硫酸が流れ出します。絶対に横に寝かして置いてはいけません。
万が一、液体が手などに付着した場合は、すぐに大量の水で洗い流して下さい。

バッテリーは12Vですので、端子部分を直接手で触っても感電する電圧ではありませんので安全です。

ただし、+と-の端子間を金属で接触しショートさせる事は絶対にしないで下さい。エンジンを始動出来る程の大電流を取り出せるバッテリーなので、もの凄い大きな火花が出て非常に危険です。

バックアップ用電源を用意する

バックアップ用電源が必要です。

バックアップ用の電源(電池)を接続しないまま、バッテリー端子を外して交換作業をすると、車のコンピューターやカーナビの設定が初期化されてしまったり、車種によってはパワーウインドウもリセットされて再設定の操作をしないと動かなくなります。

バックアップ用の電池(電源)の接続は、左の写真の赤丸印部分のコネクタに、外部の12V電源を接続するだけです。

バッテリーを外しても、車に電気が供給される様に接続されていればOKです。

接続する電源は、

  • カー用品店等で売られている乾電池を使ったバックアップ電源用ツール
  • 車用またはUPS等で使われているディープサイクルバッテリーの12Vバッテリー
  • 12Vの安定化電源

これらの何れかを接続すればOKです。

車のバッテリー 端子サイズの違い接続するときは、+(プラス)と-(マイナス)の接続を間違えないで下さいね!

多くのバッテリーは、バッテリー端子の近くに+(赤)と-(黒)のマークが書いてあると思います。

マーク意外の見分け方は、端子のサイズです。
プラス端子は太く(赤枠)マイナス端子は細く(ピンク枠)作られています。

それから、乾電池など容量の小さい電源を接続した場合は、交換作業中にドアを開けたり、車内等のライトを付ける等はしない方が良いです。
理由は、電源容量が小さいと消費電力が増えた時に電圧降下を起こしてしてしまい、メモリー等がリセットされてしまいます。
つまり「バックアップ用電源」を接続した意味が無い!状態になります。

車内にあるアクセサリー用のシガーソケットに接続しても良いのでは?

と考える方もいると思いますが、多くの車はエンジン停止時には通電していませんので、接続しても無意味です。

作業手順

作業手順の説明に入ります..画像の車はトヨタのラウムですが、他の車も概ね同じです。

電源をOFFにする

車のエンジンを切り、アクセサリー電源もOFFになる状態にします。
鍵のある車ならば、キーを抜いた状態にします。

バッテリーの取り外し作業

バッテリーの入っている場所の蓋を開けます。ラウムの場合は、エンジンのあるボンネット内なので、運転席付近にあるこのマークのあるレバーを引きます。

ボンネットの隙間が空くので、車中央付近の隙間から指を入れて、丸印の中にあるレバーを引き上げると、ボンネットが持ち上がります。蓋が閉まらない様にロックをする必要のある車種は必ずロックをしましょう。作業中に蓋が閉まると大けがをしますので。

バッテリーを固定してあるネジを外します。ラウムの場合は2つの赤丸印の場所のネジを外すとバッテリーを押さえてある金具が外れます。

外した金具です。
バッテリー端子の+側から、丸印の付いているネジを緩めて外します。この時、上記で説明した「メモリー消去防止用の電源」を、外すケーブル側に接続します。
ここで「メモリー消去防止用の電源」を接続し忘れると、パワーウインドウやナビ等がリセットされてしまいますので、気を付けて下さい。

外したバッテリー(右:パナソニック製のCAOS)と、新しいバッテリー(左:新神戸電気製)です。最近のバッテリーは、取り外し可能な取っ手が付いているので、持ち運びが楽です。

バッテリーを外した後の空間です。バッテリーが置かれている土台は、車種毎にサイズが決まっているので、指定サイズより大きなバッテリーは置けません。

写真丸印部分には、「メモリー消去防止用のバックアップ電源」を接続してあるケーブルが見えています。
新しいバッテリーの取り付けが完了するまで、外してはいけません。

バッテリーの取り付け作業

新しいバッテリーを台に乗せたら、+端子から接続します。緩まない様に、しっかりネジ止めして下さい。

締め付けた後は、赤い端子カバーを元通り戻します。

続いて、-端子をしっかりネジ止めします。
この段階で、「メモリー消去防止用のバックアップ電源」は外してOKです。
写真には、細いケーブルが2本見えていますが、「バッテリー延命装置」等のケーブルなので、気にしないで下さい。

バッテリー固定用の金具を元通り固定します。バッテリーがガタついたりしない事を確認します。

以上で、完了です。

簡単に出来ますよね! (^-^)

古いバッテリーの廃棄について

古いバッテリーは、購入したお店で引き取ってもらうのが基本ですが、ディーラーやオートバックス等のカー用品専門店でも引き取ってもらえます。

私は、ディーラーで処分してもらっています。
引き取り業者は、金属回収でお金になるそうで、喜んで回収して行くそうです。
車のバッテリーだけでなく、UPSのバッテリーやディープサイクルバッテリーの処分もお願いしてますが、いつも快く引き取って下さるので助かります。(^^)